スマホ初心者のお母さんの「?」を解決!|TONEモバイル-TSUTAYAのスマホ

「お母さんがスマホデビューしたけれど、上手に使いこなせていないみたい」と悩んでいる方はいませんか?「連絡が取りやすくなるようにスマホを持ってもらったのに、メールの返事が返ってこないこともしばしば……」。これでは、スマホを購入した意味がありませんよね。

せっかくスマホを持ったのならば、基本的な機能は使えるようになって欲しいところ。お母さん自身も、操作に不安を感じたままだと、いつしかスマホを敬遠するようになってしまうかもしれません。

そこで今回は、スマホ初心者のシニアの方が悩みがちな“疑問”を3つ、厳選して解説します。お母さんがスマホ嫌いになりかけているかも……という方は、ぜひ参考になさってください!

スマホを所有しているお母さん(お父さん)が多数!

そもそも、実際に自分のお母さん、お父さんがスマホを所有しているという方はどれくらいいるのでしょうか?

20代から60代の男女50名に「お母さん(お父さん)は、スマホを所有していますか?」というアンケートを実施※したところ、「所有していない」と答えた方が33名、「所有している」が17名という結果に。

「所有していない」方の理由としては、「スマホを持つ友人から悪戦苦闘していると聞いたようで、ガラケーのままでいいと言っている」(40代女性)、「スマホはよくわからないといっている」(30代男性)など、「スマホは難しそう」というイメージが原因であるケースが多いよう。

一方で、「所有している」と答えた方からは、「両親ともに快適に使っているよう」(20代女性)、「LINEができるようにスマホにしてもらった。次第に慣れてきたよう」(40代女性)といった意見が寄せられました。操作に慣れてしまえば快適!と感じているシニア世代のスマホユーザーも少なくないようです。

それでは、ここからは実際に、シニア世代の方向けに3つの“疑問”を解説していきます。

(※2017年5月24日~5月25日 サムライト社によるWebアンケートの結果)

文字を打つのが簡単になる方法はないの?

まずは、スマホの基本である「文字入力」をもっと簡単にできないの?という疑問。文字が打ちにくいと、スマホを触るのも嫌になってしまいますよね。
スマホにおける文字入力の方法は、大きく分けて以下の4つです。

1.トグル入力

トグル入力は、ガラケーユーザーにはお馴染みの、同じキーを連打して入力する方法。「お」を入力するためには、「あ」を5回タップする必要があります。タップの数が多くなることが欠点ですが、ガラケーに慣れているという方にはおすすめの方法です。

2.フリック入力

フリック入力は、指を上下左右にスライドさせて文字を入力していく方法。「お」も1回のスライドだけで入力可能です。慣れるまでに時間がかかるのが難点ですが、少ない操作で済む分、覚えてしまえば入力のスピードが格段に上がります。

3.キーボード入力

パソコンのキーボードと同じ文字列を表示させて入力する方法。いわゆる、パソコンのローマ字入力です。画面が大きめのスマホを使っていて、パソコンのタイピングに慣れているという方にはキーボード入力もおすすめです。

4.音声入力

スマホに向かって入力したい言葉を喋るだけで、自動的にテキストに変換してくれるのが音声入力です。メールなど長文の入力には不向きですが、インターネットの検索バーに簡単な単語を入力する程度であれば、実際に打ち込むよりも楽ができますよ。

本人がストレスなく利用できる方法であれば、これら4つのどれを使っても構いません。また、「おはよう」「ありがとう」といった挨拶や家族の名前など、頻繁に入力する言葉は、辞書登録をして端末に記憶させておくと便利です。「お」と入力しただけで「おはよう」が候補に表示されたり、変換の手間が省けたりと、文字入力がよりスムーズになります。

撮った写真はどこで見ればいいの?

続いて解決するのは、「撮った写真はどこで見られるの?」という疑問。
スマホでは、写真を撮るのにも見るのにもアプリを使用します。ほとんどのスマホには、最初から「カメラ」アプリと「アルバム」アプリの両方がインストールされていますが、ひと目で分かるカメラアプリと比べ、アルバムアプリはどこにあるのかわかりにくいことも。写真を見るためのアルバムアプリには、iPhoneの場合は「写真」、Androidの場合は「ギャラリー」という名前が付いています。

カメラをよく使うのであれば、必然的にアルバムアプリの出番も多くなるはず。カメラとアルバムのアプリは、ホーム画面のトップページに並べて配置したり、フォルダにまとめて整理したりすると、すぐに使えて便利です。

インターネットで調べたけど、文字が小さいの。大きくならないの?

年齢を重ねると、小さな文字は読みづらくなるもの。シニア世代の方は、文字や写真を拡大する方法も、忘れずに覚えておきましょう。

スマホで拡大するときは「ピンチアウト」と呼ばれる操作でおこないます。「ピンチアウト」は2本の指で画面に触れたまま、その指を離すように広げる操作。逆に、2本の指をつまむように近づける操作は「ピンチイン」と呼ばれ、文字や画像の縮小ができます。

その他、スマホの設定方法などがわからない時はこちら!

スマホ初心者向けのハウツーをほかにも知りたいという方におすすめしたいのが以下の記事。こちらの記事では、「スマホを購入した日におこなったことはなんですか?」というアンケートをもとに、「ホーム画面のカスタマイズ方法」、「GPSの設定」、「セキュリティの設定」について解説しています。

※「スマホをはじめて手にした日にやるべきこと3選」の記事はこちら

スマホの基本操作が身に付けば、お母さん、お父さん自身も、スマホを利用するのが楽しくなるはず。メールの返事が返ってくるのが早くなれば、やりとりもより活発に、そしてスムーズになることでしょう。
今回ご紹介したことをおさらいして、親子のコミュニケーションに役立ててみてくださいね!
※トーンモバイル公式サイトはこちら

[編集]サムライト編集部