携帯? 専用GPS端末? 子供の位置情報を把握する方法

携帯? 専用GPS端末? 子供の位置情報を把握する方法

学校や塾、習い事などに通う子供の位置情報を把握したい…という保護者の方が増えています。GPS機能によって位置情報を検索できるサービスは、専用GPS端末、キッズ携帯、キッズスマホなどで利用可能です。これらの端末にはそれぞれどんな特徴や違いがあり、どのようにして選べばいいのかを解説します。

子供の位置情報を把握する3つの方法

子供の位置情報を把握するには、主に以下の3つの方法があります。

専用GPS端末

専用GPS端末とは、携帯している人の位置情報をGPSで捉え、保護者などのスマホ(スマートフォン)で現在位置や移動履歴を確認できる端末のことです。GPSトラッカーとも呼ばれます。

子供の見守り用のGPS端末はキャリアやIT企業、セキュリティー企業などから数種類販売されています。製品によって、地図上で指定した場所に出入りしたときや指定のWi-Fiネットワーク圏内に入ったときに保護者に通知する機能などを備えています。また、端末側のボタンを押すと現在位置が保護者のスマホに通知される機能を持つ製品もあります。

キッズ携帯

キッズ携帯は子供が使用することを目的に作られた携帯電話(フィーチャーフォン、ガラケー)です。GPSによる現在位置確認のほかに電話やSMSなどの機能も利用できます。一方、インターネットのWebサイトを見たり、LINEなどのアプリを使ったりすることはできません。

また、防犯ブザーがついている製品が多く、ブザーが鳴ると同時に位置情報が保護者のスマホに送信されるといった機能も備わっています。キッズ携帯は防水・防塵・耐衝撃仕様になっているのも特徴で、ドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアが販売しています。

キッズスマホ(スマートフォン)

スマートフォンには基本機能の一つとしてGPS機能が搭載されています。そのため子供用のスマホであるキッズスマホ、または一般的なスマホを設定によって子供向けにカスタマイズしたスマホでも、子供の位置情報を把握することが可能です。

例えば、トーンモバイルのスマホは一般的なスマートフォン端末ですが、簡単な設定を行うことでキッズスマホとして使用できるようになり、現在地の確認、過去の位置情報の確認が可能です。そのほか、学校・塾などあらかじめ登録した場所に端末が出入りすると通知が届く、またそれらの場所に入ると端末にロックをかける機能、乗り物移動をすると通知する機能などが備わっています。

専用GPS端末とキッズ携帯とスマホ…どれがいい?

では、子供の位置情報を把握するにはどんな端末(製品)を選ぶのがいいのでしょうか。それぞれ一長一短があるので、このことについても個別に見ていきましょう。

専用GPS端末

専用GPS端末の本体価格は3,000~17,000円程度、月額料金は500~2,000円程度が一般的です。現在位置・移動履歴の確認などの機能のみ利用できればいいという人であれば向いているでしょう。機能がシンプルな分、コンパクトな製品が多いので、ランドセルやカバンに入れて持ち運びやすい、充電が長持ちするといったメリットもあります。

反面、専用GPS端末は通信・通話機能がないので連絡手段としては使えません。端末のボタンを押すと現在位置を保護者のスマホに知らせることができる、いわゆるSOS機能は便利ですが、双方向でのコミュニケーションはとれないので状況を把握することはできません。子供が誤操作でボタンを押してしまったような場合でも、保護者は実際に子供がいる場所まで駆けつけるなどして状況を確認する必要があるでしょう。

また、機能がシンプルなのに月額料金がそれなりにかかるのが不満という方もいるかもしれません。

キッズ携帯

キッズ携帯も機能が絞られていて、一般的なスマホと比べると料金が安いので人気があります。本体価格は10,000~20,000円程度、月額料金は500~1,500円程度です。防犯ブザーを鳴らすとセキュリティー会社に連絡が行くサービスなどが利用できるものもあります。

ただし、キッズ携帯は、保護者が同じキャリアで契約していないとすべての機能やサービスは利用できないケースもあります。また、GPS検索サービスを利用するには、キャリアによって検索1件あたり5円かかる場合や、月額利用料が別途かかる場合などがあります。キッズ携帯を利用する際には、それぞれの条件をしっかりと確認する必要があるといえるでしょう。

キッズスマホ(スマートフォン)

スマホは専用GPS端末やキッズ携帯に比べて多機能なのが特徴で、現在位置の確認はもちろん、通話、ショートメッセージサービス(SMS)、LINEなどで子供と連絡を取り合うことができます。また、Webサイトの閲覧や学習アプリが利用できることなどもメリットです。

キッズスマホは多機能である代わりに月額利用料金が高くなる傾向にありますが、格安スマホ・格安SIMを選べば安く抑えることもできます。

例えば、トーンモバイルのスマホは一般的なスマートフォン端末ですが、「TONEファミリー」というサービスを利用すれば、キッズスマホとして使用することもできます。端末の本体価格は19,800円(税抜、TONE e20)ですが、タイミングが合えば端末代0円キャンペーンが利用できます。月額料金は1,000円~で、通話料はTONE電話(IP電話サービス)使用ならトーンモバイル同士は0円、国内一般加入電話宛は3分13円とかなりお得な料金設定です。

緊急時に位置情報を把握でき、双方向のコミュニケーションが取れることはもちろん、LINEなどのチャットアプリであれば、家族全員が同じトークルームで連絡を取り合うことも可能なため、安全性と利便性を兼ね備えているといえるでしょう。

子供の位置情報を把握するには、専用GPS端末やキッズ携帯、キッズスマホなどさまざまな選択肢があります。費用やどの程度の機能が必要なのかなどを比較して検討してみてはいかがでしょうか。

TONEファミリーの詳細は「TONEファミリー(トーンファミリー)のご案内」でご確認いただけます。